【画像】齋藤飛鳥はミャンマーのハーフ!本名や国籍は?

2019年8月16日

今やAKB48の人気を追い抜いたと言っても過言ではない乃木坂46のエース、齋藤飛鳥さんについてまとめていきたいと思います!

齋藤飛鳥さんはどこの国のハーフか、本名や国籍についてと、可愛い画像付きでまとめてみましたのでごゆっくりご覧ください^^

スポンサーリンク

斎藤飛鳥さんのプロフィールを公開!

まずは斎藤飛鳥さんのプロフィールをご紹介したいと思います!

名前:齋藤飛鳥(さいとう・あすか)

愛称:あしゅ・あしゅりん・あすか

生年月日:1998年8月10日

出身地:東京都葛飾区

血液型:O型

身長:158cm

事務所:乃木坂46合同会社

現在は乃木坂46を引っ張るエースとして、いくつもの楽曲でセンターを務める存在です。

2011年に乃木坂46の1期生オーディションに合格。

2013年に初のセンターを獲得。

2015年からはファッション誌「sweet」のレギュラーモデルに起用されました。

2017年には初のソロ写真集も発売。

10万部を超えるセールス記録となりました。

齋藤飛鳥さんの本名や国籍は?ハーフなのは母親が外国人?

齋藤飛鳥は芸名?

字面から言うと結構かっこよさが伝わる名前ですね。

アイドルというよりスポーツ選手にいそうな(^_^;)

そして、どちらかというと芸名っぽい感じがしますが。。

調べて見たところ、芸名ではなく本名のようです!

斎藤飛鳥さんの2人のお兄さんの名前に「鳥」が入っているので、父親がどうしても鳥の字をを入れたくて「飛鳥」という名を付けられたそうです!

お父さんは鳥好きなんですね^^

齋藤飛鳥さんはどこの国のハーフ?

実は齋藤飛鳥さんは、日本人の顔に見えてハーフとのことでした!

母親がミャンマーの方だそうですね。

齋藤飛鳥さんの小顔はお母さん譲りなのかも知れませんね!

ミャンマー人の国民性は陽気で楽しく穏やかな方が多いようです。

齋藤飛鳥さんの性格は真逆なので、きっとお父さんに似たのかも知れませんね(^_^;)

そして国籍は日本のようです!

齋藤飛鳥さんがミャンマーロケでミャンマーに行っていた!

乃木坂工事中の番組企画として、15thシングル「裸足でsummer」のヒット祈願ロケで斎藤飛鳥さんがミャンマーに訪問していました。

齋藤飛鳥さんの名言「お疲れチャイティーヨ」って何?

一見真剣に話を聞いているように見える可愛い齋藤飛鳥さんですが、
このチャイティーヨという単語にはまってしまいます。

意味は地名のことをいうらしいのですが、、、

地名の事なのにめっちゃ使えると言う齋藤飛鳥さん

「張り切り」という言葉にチャイティーヨをくっつけて「張り切りチャイティーヨ」というただ響きだけで言葉を作ってしまいました( ´ ▽ ` )

こういう独自の世界観の言葉からファンもこのフレーズを多用するようになり、「お疲れチャイティーヨ」が浸透しました!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は齋藤飛鳥さんはどこの国のハーフか、本名や国籍についてと、彼女が生み出した独特の名フレーズを可愛い画像付きでまとめてみました!

今後も齋藤飛鳥さんについてどんどんとシェアしていきたいと思います!